亜美の健康日誌

亜美が健康について語ります

ギリシャ問題

ギリシャ問題合意達成の第一条件示される
ギリシャに関する合意を達成するための最初の条件が示された。ギリシャ議会は15日までに最初の改革を承認しなければならない、というものだ。フィンランドのアレクサンドル・ストゥッブ財務大臣によれば、「これが条件ナンバー1だ」。 ギリシャは一連の重要問題について決定を (続きを読む)

【週間為替展望】ギリシャ問題、合意すれば市場はリスクオン?
今週の外国為替市場であるが、ギリシャ債務問題が最終局面を迎えている。11、12日にEU首脳会議やユーロ圏財務相会合が行われ、トゥスクEU大統領が「最終期限」としていることから、この交渉が決裂すれば、ギリシャ財政破綻は確実なものとなる。ただ、ギリシャの提出 (続きを読む)

インタビュー:ギリシャ問題、IMF内緊張高める=竹森慶大教授
写真・図版 7月8日、慶応大学の竹森俊平教授は、公的部門が保有するギリシャ向け債務の不履行という事態が、国際通貨基金内部での政治的な緊張を高めていると指摘した。写真は銀行の支店に詰め寄る年金受給者、ギリシャクレタ島で9日撮影(2015年 (続きを読む)


ギリシャの債務問題と国民投票の話ですが、反緊縮派として当選したチプラス首相は...
ギリシャの債務問題と国民投票の話ですが、反緊縮派として当選したチプラス首相は、「ユーロの改革にNOを」と国民に呼びかけているニュースを目にしました。国民投票をすることに政治家としての 無責任さを感じますが、NOとした場合はユーロ圏離脱が考えられるようです。ギリシャ国民は離脱を、望むとは考えられません。ロシアや中国が擦り寄ってくるという懸念もあるようですが、安全保障上はデメリットのほうが大きいと思います。チプラス首相はユーロの改革案を呑まざるを得ないことを分かりながら敢えてNOを呼びかけ、反緊縮派として当選した立場上、国民に改革案YESを突きつけてもらい首相を退任する腹づもりでしょうか。裏を読みすぎでしょうか。(続きを読む)