亜美の健康日誌

亜美が健康について語ります

ローブティサージュ

キーンランドCは2歳女王ローブティサージュが1年8か月ぶりの復活V ...
今日、札幌競馬場で行われたキーンランドC(GIII、3歳上・芝1200m)は、三浦皇成騎手騎乗の3番人気ローブティサージュが、後方追走から直線馬群を割って鋭く伸び、外から追い込んだ1番人気レッドオーヴァルの追撃をクビ差おさえて優勝 ...(続きを読む)


高松宮記念ローブティサージュ馬なり12秒2
... 《栗東阪急杯3着ローブティサージュ(須貝、牝5)は坂路を馬なりで4ハロン54秒5-12秒2を計時。須貝調教師は「いい雰囲気で動きもいい。リラックスして、うまく脚をためられれば」と期待を込めた。 同8着マジンプロスパー(中尾、牡8)は汗をかいて馬体を絞るために、 (続きを読む)

【日本の議論】競走馬ゲート入れの「ムチ」は“残酷”か、“必要”か…「ローブ事件」の波紋、“トラウマ”になった馬も
ビシッ-。昨年11月30日、テレビの競馬中継でムチの音が響き渡った。馬をスタート位置へと誘導していた日本中央競馬会(JRA)の発走委員が振るったムチだった。あれから約3カ月。ムチを振るわれて以降、レースから遠ざかっていた競走馬「ローブティサージュ」(牝5歳)が3 (続きを読む)


阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュの馬主が“(有)シルク”...
阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったローブティサージュの馬主が“(有)シルク”だったのですが、シルクジャスティスなど冠名シルクの馬主ですよね?? ウオッカに冠名タニノが付かなかったように期待馬ということでしょうか??(続きを読む)