亜美の健康日誌

亜美が健康について語ります

釜石 津波

【主張】 国連防災会議 「命守る教育」を広めたい
小中学生が自らの判断で避難行動を起こし、周辺住民を巻き込んで大津波から逃れた岩手県釜石市の事例は、防災教育の成功例として世界中に伝えたい。 一方、津波による人的被害が拡大した原因の一つとして、地震発生直後の予想津波高が実際よりも低い数値だったため (続きを読む)

国連防災会議 県内でも催し 2015年03月13日
主な会場は仙台市だが、県内でも、バスで仙台市を出発して日帰りで被災地を視察する「スタディーツアー」が、釜石市陸前高田市などで行われる。 「本体会議」参加者を対象としたツアーは16、18日の2日間。16日は、映像や写真で津波被害を伝える「津波伝承館」(大船渡市) (続きを読む)

保健師になるよ、釜石に帰って 父から生前に助言 小笠原綾子さん
震災から4年の11日、彼女はふるさと釜石市から遠く離れた地で、亡き父に語りかけた。「卒業したよ。もうすぐ帰るね」。翌日に受験を控えたあの日、地震直後にようやく通じた電話で、父は励ましてくれた。まさか直後に津波にのまれるとは思っていなかっただろう。短大を10日に (続きを読む)


釜石の津波映像は、激流だね。波というよりも豪雨時の激流に飲み込まれるといった...
釜石の津波映像は、激流だね。波というよりも豪雨時の激流に飲み込まれるといった感じですよね?(続きを読む)