亜美の健康日誌

亜美が健康について語ります

少年犯罪

少年犯罪と更生の可能性 | キジトラ速報
少年犯罪と更生の可能性,佐世保の同級生殺害事件、北海道の南幌などで起きた女子高生による殺人事件、少年犯罪と更正について。(続きを読む)


少年犯罪:いじめ原因減少 再犯者率34.9%、最多−−2014年
警察庁は26日、2014年の少年(20歳未満の男女)犯罪の状況をまとめた。いじめを原因とする事件は265件(前年比145件減)、摘発・補導されたのは456人(同268人減)で、いずれも大幅に減った。同庁幹部は「官民を挙げて対策を講じているが、まだまだ高水準にとどまっ (続きを読む)

麻野涼新作『死刑台の微笑』=少年犯罪の矛盾突くミステリー
麻野涼新作『死刑台の微笑』=少年犯罪の矛盾突くミステリー. 2015年2月19日. 表紙. 2013年に本紙で小説『移り住みし者たち』を連載した麻野涼さんが昨年末、社会派ミステリー小説『死刑台の微笑』(文芸社文庫)を刊行した。 三人の少年によってひとり娘を惨殺された母親 (続きを読む)

犯罪報道の二つの方向性
なお、こういった事件が起きるたびに繰り返される「(少年)犯罪の凶悪化」であるが、統計的にはそういった事態は確認されていない。むしろ、以前よりも凶悪犯罪がずっと減っていることは多くの人びとによって指摘されるところである(参照)。 それは措くとしても、今回の「厳罰化」 (続きを読む)


日本では、少年法第61条により、未成年犯罪者の個人情報を出版物に公表する事が...
日本では、少年法第61条により、未成年犯罪者の個人情報を出版物に公表する事が禁じられていますが、この条文には罰則規定はありません。出版物で犯罪少年の実名を暴露しても、その筋からの叱責はあるそうですが、 刑罰はありません。 実際には、この条文に罰則規定がない事をいいことに、一部週刊誌では、過去の有名な少年犯罪の犯人の実名報道に踏み切ったりしました。 事実、雑誌「週刊文春」は、女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人達を実名報道する事に踏み切ったのを嚆矢として、 その後も神戸連続児童殺傷事件の犯人を実名報道する等、有名な少年犯罪の犯人の実名報道を続けていました。 大手マスコミでも、昨年に大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件の主犯格3人を、死刑確定を機に実名報道したり、今年に光市母子殺害事件の犯人の死刑が確定した時もこれを機にして実名報道に踏み切りました。 質問の本題に入りますが、少年法第61条を破って出版物で犯罪少年の実名を暴露した時に叱責して来ると言う“その筋”とは、 具体的には、如何様な存在なのですか? 又、過去の週刊誌における実名報道や、大手マスコミによる死刑確定を機にしての前述の事件の犯人の実名報道に対して、“その筋”はマスコミに対して叱責を行ったのですか? 何卒、皆様の御回答を宜しくお願い致します。(続きを読む)