亜美の健康日誌

亜美が健康について語ります

人工網膜

電流検出型DNAチップの開発 - ゑれきてる
当時、基礎的な研究開発の一環として、バイオテクノロジーも研究対象になっており、脳の情報処理のコンピュータへの応用、人工網膜などと並んで、DNAの塩基配列の検出もテーマに取り上げられたのです。 当時は、DNAの塩基配列の検出といっても放射線 ...(続きを読む)


盲目の男が結婚10年目にして「初めて」妻の顔を見ることに
現在68歳で、10年前にアンジェラさんと結婚しました。アレンさんが視力を失ったのは約20年前で、変性眼疾患と診断され失明してしまったそうです。そんなアレンさんが妻の顔を見られるようになったのは、ミネソタ州のメイヨー・クリニックがSecond Sight製の人工網膜デバイスの (続きを読む)

失明男性、10年ぶりに妻の顔を見る。「人工の目」を使って
男性は68歳のアレン・ズデラードさんで、遺伝性の病である網膜色素変性症によって徐々に視力を失った。人工網膜の臨床試験に参加して「人工の目」を装着。「ああ! 形や光がわかるよ」と驚嘆の声をあげたズデラードさん。そこで初めて目にしたのは、長年連れ添った妻の姿 (続きを読む)

セカンド・サイトが2015年3月9日の第27回ROTH年次大会でプレゼンへ
セカンド・サイト・メディカル・プロダクツは、RP(網膜色素変性症)のように網膜外層の変性により盲目となった患者に視力を提供する人工網膜を創出すべく、1998年に創設されました。セカンド・サイトの使命は、革新的な植え込み型視覚補綴物を開発・製造・販売し、盲目の人々が (続きを読む)


人工呼吸器装着、寝たきりで意思疎通のできない患者様 糖尿病を患ってます。血糖...
人工呼吸器装着、寝たきりで意思疎通のできない患者様 糖尿病を患ってます。血糖コントロールも悪く現在インスリン治療中。 合併症で糖尿病性網膜症について・・・眼科の往診で検査、治療ができるのでしょうか。 コミュニケーションが取れない分、症状にはどうのように気づいてあげればようでしょうか。(続きを読む)